Nobody’s Perfect ファシリテーター専用ページ

1.年会費 お支払い方法について

●年会費(会計年度:4月1日~3月31日)3,000円

ファシリテーターとして継続して活動するためには、CCC年会費として毎年3,000円
5年に1度はフォローアップ講座を受けていただくために5,000円がかかります。
NPファシリテーター資格更新制度施行のため、2017年度から、資格更新するには継続して年会費を納めていただくことが必要となっております。2017年度から未納の年がある場合はさかのぼってお支払いいただきます。ご注意ください。)

【振込先】

★郵便振替(郵便局に備え付けの振込取扱票)の場合:
記号00170-3-482622
トクヒ)コミュニティ カウンセリング センター

●ファシリテーターの会 会員特典

年会費を納めてくださった方は、月1回開催されるマスタートレーナーによるNP電話相談を利用したり、ファシリテーター派遣依頼に応募することができます。また、ファシリテーターの会年会費をお支払いいただいた方には、各年度、4月以降に講座案内や年会費振込用紙を郵送いたします。

●ファシリテーターの会 休会制度

出産・育児、介護などの理由で、しばらくファシリテーターとしての活動をお休みしたいという方の負担を軽減するために2019年度より休会制度を設けました。
休会届をご提出いただいた場合は、その年度より復帰されるまでの年会費を免除いたします。但し3年を期限とし、以後の延長は応相談となります。
なお、この制度は、2017(平成29)年度以降の年会費をお支払いいただいている方が対象です。お支払いのない方で休会を希望される場合は、不足分の年会費を納めていただくこととなります。年会費納入後に休会届を提出された方への返金はできません。
また、休会中はCCCからの全ての情報提供は停止させていただくこととなり、会員特典(無料の電話相談も含む)の利用もできなくなりますのでご注意ください。
休会を希望される方は、以下の「休会届」に記入し、メール添付または郵送で提出をお願いいたします。
CCCで受理後、登録されているアドレスへご連絡いたします。休会届の提出がない場合は適用されません。
活動再開の際は、復帰届をCCCにご提出ください。
・休会届 (word) / (pdf)
・復帰届 (word) / (pdf)
*今後ファシリテーターとしての活動は一切行うことがないと決めていらっしゃる方にむけては退会制度がございます。こちらをご希望される場合はCCCまでご連絡くださいますようお願いいたします。

2.NPプログラムを行う前に

NPファシリテーター資格更新制度について ←行う前に必ずご確認ください

Nobody’s Perfectの実施条件

●NP講座を開催するには

NP講座は、認定資格のあるNPファシリテーター(NPNC認定ファシリテーター)が実施することが原則です。ただし、NPファシリテーター養成講座修了者が、資格認定のために実施する場合は例外とします。
認定前のNP講座開催は認定審査を受けることが前提となっており、認定前に行うことができるNP講座は3回までとなっておりますので早めの認定申請をお勧めいたします。
尚、3回目までに認定申請が通らない場合は、 NPNC認定ファシリテーター にはなれず、NP講座を今後行うことはできません。

●事前報告(NP参加者募集用チラシ)

NP講座のプログラムが決定したら、事前にNP参加者募集用チラシまたは広報誌の掲載箇所をお送りください。報告は、以下の記載があるものであれば構いません。
必須記載項目: 実施ファシリテーター名、期日、時間、対象、保育、テキスト使用、主催者、会場

せっかく実施したのに、NPと認められない、認定申請できないなどの事態が生じることがあります。事務局にて内容確認いたしますので、できれば告知あるいは配布前にお送りください。なお、肩書きは、認定前は「NPファシリテーター」、認定後は「NP日本センター(略称NPNC)認定ファシリテーター」となります。CCCまで、ファックス、郵便またはメール添付でお送りください。

3.NPプログラムを行う方

●NPファシリテーター資格更新制度について←行う前に必ずご確認ください

NPを実施する際の計画時にご利用ください。

●プログラム計画表 (word)

●セッション計画表 (word)

●プログラムについてのアンケート(word) /(pdf)

●問題解決のための4つのステップ (word) /(pdf)

4.認定審査を受ける方

●NPファシリテーター資格更新制度について ←行う前に必ずご確認ください

NP講座は、認定資格のあるNPファシリテーター(NPNC認定ファシリテーター)が実施することが原則です。ただし、NPファシリテーター養成講座修了者が、資格認定のために実施する場合は例外とします。
認定前のNP講座開催は認定審査を受けることが前提となっており、認定前に行うことができるNP講座は3回までとなっておりますので早めの認定申請をお勧めいたします。
尚、3回目までに認定申請が通らない場合は、 NPNC認定ファシリテーター にはなれず、NP講座を今後行うことはできません。

担当の講座終了後 1カ月を目途に以下の書類5点をご記入のうえCCCに送付し、認定審査手数料1万円をお振込み下さい。認定審査は年に3回程度行います。その前に担当トレーナーが内容確認し、審査いたしますので、なるべく早く必要書類一式をCCCまでお送りください。


<認定審査のために必要な書類>

①NP講座終了報告書 (word) / (pdf)

②プログラムについての参加者アンケート (word) / (pdf)

③ファシリテーターのプログラム自己評価 (word) / (pdf)

④セッション実施記録 (word) / (pdf)

⑤認定申請書 (word) / (pdf)

【振込先】

★郵便振替(郵便局に備え付けの振込取扱票)の場合:
記号00170-3-482622
トクヒ)コミュニティ カウンセリング センター

★ゆうちょ銀行 019店(ゼロイチキュウ店)
金融機関コード9900店番019
当座預金0482622
トクヒ)コミュニティ カウンセリング センター

5.実施報告をする方

<認定審査未受審で実施回数が3回未満の方>

①NP講座終了報告書 (word) / (pdf)

②プログラムについての参加者アンケート (word) / (pdf)

③ファシリテーターのプログラム自己評価 (word) / (pdf)

④セッション実施記録 (word) / (pdf)

原則初めてのNP講座終了後に認定審査手続きを行って下さい(諸事情がある場合、3回目のNPまで可)

<認定された方>

①NP講座終了報告書 (word) / (pdf)

②プログラムについての参加者アンケート (word) / (pdf)

6.認定ファシリテーターの資格更新制度およびフォローアップ講座について

✤目的✤
NPファシリテーター養成講座を行い始めてから10年以上がたち、NPプログラムは順調に支援を必要とする親御さんのもとに届きつつあります。しかしながら提出いただいた認定審査書類などには、実施記録の中に基本事項を押さえていないものや自己流のものが散見されます。その多くは初期の頃に認定をとられたファシリテーターの方やベテランの方が新人ファシリテーターと共同で行ったものです。CCCではできるだけ同質のNPプログラムを親御さんにお届けしたいと思っております。
またベテランになってもファシリテーター同士で集い、学びあうという姿勢が大切なのではないかとも思っております。それらを実現するために、CCCの理事会およびトレーナーの会で話し合った結果、5年に1回のフォローアップ講座受講を、ファシリテーターの認定資格継続のための必要条件として位置づけることになりました。

✤経過状況✤
2015年12月1日よりNPファシリテーター資格更新制度を設け、2017年11月末で執行猶予期間が終了しました。そのため、2017年からはNPファシリテーターとして活動される方は、資格の継続が必要です。(ご参考:資格更新制度お知らせ

✤ファシリテーター認定資格継続の必要条件✤
5年に1回以上のフォローアップ講座の受講(ご自身の養成講座修了から)
②2017年度分から継続しての年会費納入

※過去5年以内にフォローアップを受講されていても2017年度からの年会費が未納の方は資格更新にはならず、NP講座のファシリテーターをご担当いただけません。必ず毎年継続してのお支払いをお願いいたします。2017年から未納の年があればさかのぼってお支払いいただきます。ご注意ください。

✤今年度 フォローアップ講座の予定✤

日時 主催者 会場 講師 費用  申込方法 備考
2019年
6月15日(土)
13:30~16:30
CCC 東京都健康プラザハイジア会議室 (新宿区) 長澤恵美氏

(NPNC認定トレーナー)

5,000円 申込方法(PDFファイル)をご覧のうえ、メールにてお申込みください。

<Mail> c.c.center@y6.dion.ne.jp

12月頃 CCC 未定 8月募集開始予定
2020年
2月頃
CCC 未定 11月募集開始予定

※トレーナーが出張してのフォローアップ講座開催も可能です。
ご希望の場合は、以下の①の内容をご確認の上、②の申込書をお送りください。

① 出張フォローアップ講座開催をお考えの方に (word)
② 出張フォローアップ講座申込書 (word)

7.NPプログラムPR用資料

●NPプログラムガイダンス内側(pdf)

●NPプログラムガイダンス外側(pdf)

8.NP再考を読みたい方

1.アイスブレーカーとウォーミングアップ

2.セッション計画

3.共同ファシリテーター

4.初回のセッション計画

5.セッションの間隔について

6.体験学習サイクルと問題解決のための4つのステップ

7.ハートをまわそうについて